私がminneでレビューを書くときに気をつけていること

楽天で購入しても特典がない限りレビューなんて書くことはないんですが、minneで購入したときには必ず書くようにしていました。minneのレビューって、商品に対してどうもありがとうっていうより、無事届いてましたよっていう空気がある感じがします。
メッセージでもいいじゃねぇかって思いますけど、まぁ、それはそれ。レビュー増えたほうが、ひとけが生まれて、買うことを考えている人のひと押しになります。

minneのレビューは、商品に対してでもあり、お店に対してでもあります。そして、そのレビューはだれでもみることができます。
アカウント名は表示されるので、その方のページを見に行こうと思えば見に行けるんですよね。

目次

レビューに必ず書くこと

私がminneで購入して、レビューを書くときに必ず書くことはこの2点。

  • 届いて確認しました
  • 取引ありがとうございました

定形外郵便物やスマートレターなど、追跡番号無しの場合、届き先から連絡がない限り届いたかどうか不安に思われるんじゃないかなと思うので、届きましたという連絡
あとは、普通にありがとうございましたの礼
minneで購入して、届かなかったり壊れていたり(ポストが曲がってることはあったけど)などのトラブルに合ったことがないので、マイナスな気持ちになったことはないんですね。
簡潔に、無事届きました。今回はありがとうございました。的にさっくり書いておきます。

レビューに書かないこと

  • 届いたけど壊れていた
  • 思ってたのと違かった
  • 写真と違う

このような、他の人が聞いて(読んで)あまりいいイメージにならない話はレビューには書きません。ただ、売り手とのやり取りがレビューのみの場合は、レビューに書くかもしれませんが、minneの場合はメッセージでもやり取りできます。
なにかやり取りや商品に問題があった場合は、メッセージを使ってのやり取りだけで十分なんじゃないのかなって思うんですね。
もちろん、他のお客さんにも伝えなきゃっていう気持ちもあると思いますし、購入の際にそういう話も聞きたいのは本音です。

もしも壊れて届いたら

minneで購入して、もし壊れていたら、写真を撮ります。壊れて届いたという証拠ですからね。そしてメッセージを使って作者さんとやり取りし、お互い後腐れないように(←ものすごく大事)穏便に済ませます。

攻撃をしようと思えばどんどんできます。作家業をやめさせるくらいの攻撃はできるでしょう。でも、その瞬間はスッキリしますがどこかモヤっとするんじゃないでしょうか。罪悪感とかそういうのではなく、時間の無駄感的な。

だんだん、相手も「本当に壊れてたのかな」「壊したんじゃないのかな」と泥沼化しそう。

なので、一通りやり取りがすんだその後は気の済むように、買った人は二度とその店を、もしかしたらminneごと二度と利用しなければいい話ですし、売った側はそのような届き方をしてしまった。二度と起きないようにどのような対策を取るべきだろうかと考えればいいこと。
心の広い方や、気の迷いででも、レビュー書こうかなと思ったら当たり障りないように「ありがとうございました」でも書いとけばいいんじゃないかなぁと思います。:-)

読む人の事を考えて書く

私もminneにお店を出していて、レビューをもらう側ではあるんですがどのようなレビューでも貰えれば嬉しいものは嬉しいんですよね。やっぱり、お客様の声は嬉しいしありがたい。ただ、そのなかでもきっとうまくいかないやり取りも起きると思います。その時の厳しい声はできれば、わがままだけれども自分にだけ聞こえたいんですよね・・・。
買う側とすれば、レビューって参考にするので書いてほしいってのもあって。ジレンマに陥るわけですが、どっち側でどのようなことがあっても、読む人の事を考えて書く。これだけは忘れないようにしたいと思います。

真綿で包んだ棘みたいな・・・・

Blogには書いちゃうぞ的な・・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岩手県在住。盛岡と花巻と遠野と矢巾によく出かけます。
プラバンで中ジョッキ(バッジ)作ったり、消しゴムはんこでいろいろほったり、
レジンでアクセサリー作ったり、粘土こねてアイス作ったりしてます。
その他にも面白そうなことはまずやってみます。

目次
閉じる