リボンを素材にしたアクセサリー制作に向けてリボン集め

冬になったので、相変わらず毛糸を使ってポンポンを作ってるんですが、同じようにタッセルも作ってました。いろいろな毛糸を手に入れた分、バリエーションは増えるんですが気になってきたのは、リボン。

タッセル作りの中で、他に素材ないかなぁとみているとリボンで作られたタッセルを発見。ピアスもイヤリングも可愛い感じの中にもボリュームがあるかんじ。タッセルにしなくとも、ちょっとリボンをまとめただけでも可愛いですね。

せっかくなので、リボン素材のアクセサリーを作ろうと素材探しへ。

目次

多くなく、少なくなく、お試しにちょうどいい量と価格で探す

実際作ってみないとわからない部分が多いので、失敗しても心が痛くなりすぎない金額と量のリボンはないものかなと楽天の中をさまようんですが、ちょうどいい量というのが難しい。どんなリボンがほしいのも決めてないのでさまようばかりですがメモ代わりにいくつかご紹介。

グログランリボン

グログランリボンとは、平織りの横にしわがあるような感じに見える触り心地しっかりとしたリボンです。硬めのように思えるかもしれません。

柄入りのものだと、そのままでも使いやすいですし、無地のものだと別素材であわせたり、色違いで組み合わせても楽しそう。

チュールリボン

チュールリボンは、レース地の一種であるチュール生地を使用したリボン。グログランリボンやサテンリボンは硬い印象をうけますが、チュールやオーガンジー生地を使用したリボンはふわふわとした出来上がりになります。

6cmとか幅広のものが多い印象。細めになるとオーガンジーのほうが多いのかも?とも思いつつ。

オーガンジーリボン

チュール生地のようにふわふわした印象を持ちやすいですが、オーガンジーは薄い平織りの生地。半透明になるものが多いですが、素材によって印象が変わります。リボンになると、オーガンジーは少し硬めの印象。
どちらも出来上がりはふんわりとして、可愛さがありますけどね。

もうすでにリボンになってるのもあるけど、大きいな。ヘアゴムとか良さそうですね。

いろいろなお店を覗いたけれども、種類もほしい

それぞれいろいろなリボンがあって、見るほどにこんな使い方が良さそうなど思い浮かぶのですが、色も種類がほしいをだんだんわがままに。そんな中、まんま母さんのりぼんという良さげなお店を発見。

見える福袋とか、少ないメーター数で種類(色数)豊富な商品があるようなのでいくつか買ってみようと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岩手県在住。盛岡と花巻と遠野と矢巾によく出かけます。
プラバンで中ジョッキ(バッジ)作ったり、消しゴムはんこでいろいろほったり、
レジンでアクセサリー作ったり、粘土こねてアイス作ったりしてます。
その他にも面白そうなことはまずやってみます。

目次
閉じる