イヤリングは痛い・・・

私自身がイヤリングではなくピアス愛用者なこともあり、イヤリングにすること前提でデザインを考えたことがありません。イヤリングにするには、パーツをかえればいいだけ・・・ではなく、全体的にバランスを考え直さなければならないんですよね。
実際、パーツを変えてみると表現しがたい違和感が出てきてしまって、これはお客様に選択してもらえないなと。

目次

ノンホールピアスの痛さが半端ない

パーツを変えて作ってみたイヤリングは、試作でもあるので自家用なんですがこれがまた痛い。我慢して付けてるのかなって思うほど痛い。(実際、我慢して付けている方も多いそう。)
ノンホールピアスの痛さが半端なく。痛くないっていう記事もありますけど、私はすごく痛くて付けれなかった。これ、どうしてかなって思ったら
耳たぶが厚い
これが原因。
最初に挟む部分を広めておけばいいのかなと思うので、ちょっと試してみますけど・・・。
あと、壊しそう(笑)

痛くないイヤリングも増えてきた

痛いからといって避けてきたイヤリングですが、最近は挟む部分にシリコンカバーを付けて痛さ軽減しているものも増えてきてました。調べきれていない部分も多いので、探してみようかなと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岩手県在住。盛岡と花巻と遠野と矢巾によく出かけます。
プラバンで中ジョッキ(バッジ)作ったり、消しゴムはんこでいろいろほったり、
レジンでアクセサリー作ったり、粘土こねてアイス作ったりしてます。
その他にも面白そうなことはまずやってみます。

目次
閉じる